ものモノmono

読んだもの、使ったもの、見たもの、食べたもの・・・ものについて綴ったブログです。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 私の愛用品  HARIO 水出し茶ポット | main | 無印良品 「コールスローの素」&「ナシゴレン」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

今日読み終えた本  「さよなら渓谷」吉田修一

JUGEMテーマ:Book review



出版社 / 著者からの内容紹介
どこまでも不幸になるためだけに、私たちは一緒にいなくちゃいけない……。

きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。その偶然が、どこにでもいそうな若夫婦が抱えるとてつもない秘密を暴き出す。取材に訪れた記者が探り当てた、 15年前の"ある事件"。長い歳月を経て、"被害者"と"加害者"を結びつけた残酷すぎる真実とは――。『悪人』を超える純度で、人の心に潜む「業」に迫った長編小説。



吉田修一の作品なので、もっと厚い本だと思っていたら
まず薄かった事にビックリ。
読み進めていくと、最初の幼児殺人事件は本筋とは違っていることがわかるのですが、
そこにまず少しだけ違和感。
(この事件はどう考えてもあの殺人事件がモチーフですね)
そして、全部読み終えて主人公2人の関係にも違和感。
ちょっと無理矢理のような気がするし、
どうしてここに2人が行きついたのかが、よくわからない。
もっと話を長くしてもいいから、
2人の心の動きを深く描いた方がよかったのでは。
でも、難しい描写はないので、あっという間に読み終えることができました。


以下はネタバレの感想になりますので、ご注意ください。






こうやって傷口を舐めあうような関係が2人にとって良いことだとは
私にはどうしても思えませんでした。
事件の被害者である彼女は、加害者である彼としか
一緒にいる事はできないのでしょうか?
これではあまりにも彼女に救いが無いような気がします。
彼女には本当に理解をしてくれる別の男性と幸せになって欲しい・・・
と、私は思いましたが、
それでは物語にならないのかな、やっぱり。




| 凛々 | | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
PROFILE
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
  • 今日読み終えた本  「警官の血 」
    ユーマスター (03/29)
  • ザ・ボディショップ 「モイスチャライジングシャンプー」「モイスチャライジングコンディショナー」
    凛々 (01/12)
  • ザ・ボディショップ 「モイスチャライジングシャンプー」「モイスチャライジングコンディショナー」
    ハルヒヨリ (01/11)
  • LUSH 洗顔料「ブラックダイヤ」 & ソープ「赤頭巾ちゃん気をつけて」
    凛々 (08/10)
  • LUSH 洗顔料「ブラックダイヤ」 & ソープ「赤頭巾ちゃん気をつけて」
    ruru (08/09)
  • ボールペン 三菱JETSTREAM(ジェットストリーム)
    凛々 (03/20)
  • ボールペン 三菱JETSTREAM(ジェットストリーム)
    ruru (03/19)
RECENT TRACKBACK
日々の小さな記録〜ライフログ「ログピ」
読書中の本
凛々の今読んでる本
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS